ブログ

【とりあえずチラシのキャラ② ◆その名はトト】 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

販促物の使命はお客様に何かを伝えること。

そして行動してもらうこと。

勇者のちらしのキャラたちは、果敢にも使命を果たそうと張り切るのですが
今のままの自分では、過酷なトーナメントに勝てないという現実にぶつかります。

果たしてどうすれば使命を果たせる「勇者のちらし」となれるのか。

ちらしたちは仲間と一緒に
冒険の旅に出るのでした。

四ッ谷で秘かに開催されている、とあるゼミの扉を開いたのでした。

 

 

 

【トト】

川柳トト君

「とりあえず、チラシはあった方がいいんだろうな」

とりあえずチラシ、トトのお母さん(事業主)は
いきなりチラシを作り始めました。

 

そのチラシの使命は?
チラシを見たお客様にどう動いてほしいの?
その前に、どういうタイプの人が利用する商品(サービス)なのか? 

 

何も考えずに作り始めました。

 

トトのお母さんは意外と素直。
事業を人に知らせるための販促ツールとしてチラシが必要だよと、
アドバイスしてくれた人に言われたとおり
早速作り始めました。

 

トトのお母さんは行動派。
あれこれ考える前に、行動しちゃうタイプです。

 

トトのお母さんはシミュレーションが苦手な単細胞。
チラシの目的を想定することなく
チラシの完成!それ自体が目的になってしまっています。

 

 

あまり考えないでチラシを作るとね
こんなことを書きたくなります。それは (ノ゚ο゚)

 

「どなたでも」と「何でも」です。

 

「どなたでもご利用下さい」

トトにもそう書いてありました。
ところがこう言われると

人は誰しも「自分のこと」とは思わないのです。

 

「何でもご相談下さい」

コレもいけません。
こう言われると、人は何も相談ごとが浮かばないものです。

完全なる「普通の人」という人が存在しないのと同じです。

 

つまりこのままじゃダメだ!
じゃあ何て書けば、人は「自分のことだ!」と
思うのだろう。

 

素直で単細胞で行動派なところはお母さんゆずりなのか
一から出直すことに決めたトトは
ゼミで教わること全部、どんどん吸収していきます。

 

常に前向き! 落ち込んでなんかいられない! トトの進化は早いのだ!

常に前向き!
落ち込んでなんかいられない!
トトの進化は早いのだ!

 

すごいノウハウだ。

これ全部やったらすごいことに……

↑ちと気が早い(笑)

↑ちと気が早い(笑)

 

次回は「ファーをまいたチラシ、ファーちゃん」のお話です。 (σ・∀・)σ
ファーをまいたチラシとは……??? お楽しみに 
(* ̄Oノ ̄*)

このお話はフィクションです。

リアルの勇者のゼミはこんな感じでやってます↓

(第5期近く募集開始!)http://venio.jp/product/yuusha

 

そんな健気でかわいい勇者のちらしのラインスタンプはこちら↓

http://venio.jp/contents/yuusha/douga

 

The following two tabs change content below.
マジー(馬嶋昌代)

マジー(馬嶋昌代)

担当:絵ヴェニオ物語
布アーチスト&グラフィックデザイナー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る