ブログ

お客様の心に共鳴するフレーズ欲しくないですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは。
ヴェニオ物語のビジネスプランの脚本家 えむこでございます。

 

 

さて、ご自分で集客なさっている方ならだれでも思うこと。

 

「自分のお客様に響きまくる魔法のフレーズってないかしら?」

 

今、買わなきゃ
思わずポチっとしちゃった
なんだかワクワクする
これ買ったらものすごいことになりそうな気がする

 

なんでもいいんですけど、魔法のフレーズ 欲しいですよね~

 

 

えむこは欲しい!

SNSにそのフレーズを書いたら

 

「何それ何それ?」って言われるような魔法のフレーズ。

 

10人に効く魔法が作れたら、今度は30人に効く魔法がほしい。
100人に効く魔法は作れないかしら。

 

えむマジの二人も、いつもそんなことを考えています。

 

でも、そんな小細工しないで
「絶対楽しいから来て!」って直球で言っちゃうときもあります。

⇓ ⇓ ⇓ こんな風に。

 

スティーブンの歩き方講座。
おかげさまで残席6となりました。

 

絶対楽しいから迷っている方はお早めにどうぞ~

 

絶対楽しいから(笑)

 

これはこれでアリと思っている、えむマジなんですが、

そう言っては元も子もないので(;^ω^)

 

今日は、えむマジがいつもやっている方法の一つを今日はご紹介します!

 

 

さて、そんな魔法のフレーズですが、
やはり、ある程度のノウハウが必要になります。

 

1.ど真ん中ストレートのターゲットを決める

2.その人をとことん掘り下げる

3.マーケティングリサーチをする

 

ノウハウ的にはこんな感じです。
けれども、そういわれてもなんかピンときませんよね。

マーケティングリサーチって言ったって、
人やお金が潤沢にある企業じゃあるまいし、
路上でアンケートとるって言うのもすごくハードルが高い。

なので、私たちがお伝えしているのはこういうことです。

 

まずは、そのサービスの「ど真ん中ストレートのターゲット」を決めることから始めてください。

 

3年くらい前、「20代から60代の美しくなりたい女性の方に」って書いてある
リンパマッサージのお店のHP見つけてしまったとき、

 

「19歳はダメなのか、70歳はダメなのか」
「20代から60代の、いらなくね?」
「美しくなりたい女性の方に、だけじゃいけない理由が何かあったのか?」

 

と、一人でパソコンに向かって突っ込みつつ、妄想してしまいました。

 

美しくなりたい女性のために

だけではなくターゲットを絞りましょう!

 

って誰かに言われて、

40代かな~と思いつつ、いやいや、うちは60代のお客様もいるから

40代から60代にしなくちゃいけないかな~

でも、本当はもっと若い人に来てもらいたいんだよね~

30代、いやいや、20代からきちんとケアすることって大事。

 

よし!決めた! 20代から60代が私のターゲットだわ!

 

てなことになったのね、きっと。(完全な妄想)

 

むっちゃ、わかるわ~この葛藤・・・(自分の妄想が生んだ葛藤に、勝手に共感するえむこ)

 

このエピソードから生まれたお話がこちら

 

全部お読みになりたい方はこちら


話がそれてしまいましたけれども・・・

 

とにかく、ターゲットは絞った方がいいです。

 

そしてそのターゲットの中から、自分の理想のお客様を一人妄想してみてください。

 

「20代の独身で、都内に親と住んでいて、年収250万円位で
こんな体型で、こんな感じの洋服着ていて、美容には大体月にこれくらい使っていて・・・」

てな感じでだいぶ、妄想がビジュアル化してきました。

そしたら・・・マーケティングリサーチの代わりにできること!!!

 

 

その人が読んでいそうな雑誌を手に取る!!!

 

これですよ。

 

例えば、私のお客さんってドマーニを読んでいる!

 

と思ったらば、今月のドマーニ最新号!

 

どうですか!

表紙だけでもヒント満載!!

 

安くていいもの 高いけどいいもの

服も小物も「価値あるもの」しか欲しくない!

至福のニット

溺愛コート

働く女性を助けてくれる!

 

こういうフレーズ使いです。

 

 

では、

いやいや、私のお客様は、VOGUEよ!

と思ったらば。

 

進化する”美”と生きよう

美と生活のガシェット

ハイテク&モードなスニーカーに夢中!

新素材が生む”未来の服”をまとう

歴史と未来が出会うスポーティーモードの最新。

 

 

・・・

・・・

 

ドマーニとVOGUEでは

キャッチフレーズも雰囲気も色合いも全然違うのがお分かりだと思います。

 

VOGUEを好む人に「溺愛コート」って言っても、ズキュンとは来ないよね~(;^ω^)

 


安くていいもの 高いけどいいもの
服も小物も「価値あるもの」しか欲しくない!
至福のニット
溺愛コート
働く女性をたすけてくれる!

進化する”美”と生きよう
美と生活のガシェット
ハイテク&モードなスニーカーに夢中!
新素材が生む”未来の服”をまとう
歴史と未来が出会うスポーティーモードの最新。

キャッチフレーズをこのまま使うのはNGですが、
雑誌の中を読んだら、

自分のお客様へのオリジナルのキャッチフレーズのヒントが満載です。

 

 

元編集者のマジー曰く、
雑誌社というのは、ターゲットのリサーチについては、宝の山!
ざくざく情報を持っているそうです。

 

つまり、ターゲットが絞れていて

そのターゲットがどんな雑誌を読んでいるか、みたいなところまで掘り下げて妄想ができれば、

 

魔法のキャッチフレーズの教科書は身近にあるということ。

 

 

⇓ ⇓ ⇓ こんなのもありますので、ぜひやってみてくださいね。

プレミアム会員なら雑誌やマンガが読み放題 – Yahoo!プレミアム

 

 

もっと詳しく知りたい人は勇者のチラシゼミへいらっしゃってください!

キャッチフレーズだけでなく、色の使い方やテーマカラーのお話や
お客さまがつい動いちゃう販促の「仕掛け」もお勉強できます。

第8期は残席1(美容師さん限定)

第9期は4月開講予定です。(事前にご予約可能です)

 

 

気軽なご相談はなんでも相談室へ(1日2000円)

 

The following two tabs change content below.

えむこ(福山道子)

担当:文ヴェニオ物語
ビジネスプランの脚本家
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

RSS

<a href=”http://venio.jp/feed”><img src=”http://venio.jp/wp-content/uploads/2017/11/rss_001_e-trans.png” border=”0″ /></a>

ヴェニオ物語

ページ上部へ戻る