ブログ

「返事はハイと元気よく」たとえムチャぶりであっても~初商品企画奮闘記①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

shutterstock_248549350

 

 

2014年8月22日

 

ぴろろん・・・
いつものようにそれは1本のメールから始まった。

 

件名【ノロウイルスキットの商品企画】

えむこさん
cc.D専務

エコララでノロウイルス対応のキットを商品企画し
仕入れ値、小売価格を決め、
全国の学校、…(長い)…などあらゆるところへ販売する。
11月までに販売体制を整えること。

Cむちゃぶり顧問

 

ん?
えーと・・・?

(´・ω・`)

 

「ノロウイルスキットの商品企画…
えむこさん…商品企画し…全国に販売し…
11月までに…進めてください…Cむちゃぶり顧問…」
…と読んでみた。

 

なんだろ、これ。
なんだこれ?わけわかんない。

 

もう一回読もう。

 

「ノロウイルスキットの商品企画…
えむこさん…商品企画し…全国に販売し…
11月までに…進めてください…Cむちゃぶり顧問」

 

当たり前だが何度読んでも同じである。

 

しかし三回も読めば、少しだけ理解ができる。
と同時に

 

「やばいよ、これすごくやばいよ(`;ω;´)」

 

と私の背筋がさーっと冷たくなる。

 

しかし、なんだかわからないことを要求されようが
どんなに理不尽なことを突然言われようが

幼稚園の頃、先生に言われた言葉。
「返事はハイと元気よく(^-^)/」

 

子供の頃から、お母さんに言われていた言葉。
「返事をしなさい!まず!」

 

 

これがわたしを条件反射的にパソコンに向かわせた。

 

件名【RE.ノロウイルスキットの商品企画】

Cむちゃぶり顧問
承知いたしました。

えむこ

 

三つ子の魂百まで。

 

とはこういうことを言う…

 

そして

 

好むか好まざるか関係なく

 

まーーーーーーったく関係なく

 

意思はまーーーーーったく関係なく

 

 

えむこの冒険は始まったのである。

 

つづく。

 

 


これは2年半前のお話です。

 

今のえむこを知っている人であれば、あんまり「突拍子のないむちゃぶり」とは思えないかもしれませんが、

この頃の私は、単なるサラリーマン課長であって
周りにいる人たちは、全員が自分より優れていると感じていましたし、劣等感の塊でもありました。

 

この半年後に「社長」になっちゃう自分なんて想像もしていないし

 

そのまた1年後には起業しちゃうなんて野心のかけらも持っていませんでした。

 

いや、本当に。
信じてくれないかもしれないけど、本当に。

 

だって、基本的に「専業主婦」に憧れてきた人なので。

 

ただ、自分がシングルマザーになって、たぶん結構な年になるまで働き続けなきゃいけないってことになり、
うんざりするぜ・・・って思ったときに、
一日の時間のうち、大半を占める「仕事」ってものが
「楽しい」と感じられると、結構人生楽しいってことだよね、って気がつき。

 

だから、プロジェクトに誘われて仕事楽しい、って思えたのがうれしくて。

 

なんだか「仕事」に没頭していたら・・・

 

44歳 経理事務しか経験のない、世間から背を向けられた無職のシングルマザー
45歳 とあるプロジェクトに抜擢
46歳 なぜかプロジェクトリーダーに抜擢
47歳 このお話はここ
48歳 社長に抜擢
49歳 起業して二つ目の社長になる
50歳 今ここ

ってことになっておりました。

 

はっきり言って、

 

なんじゃこりゃ――――!!!Σ(=°ω°=;ノ)ノ

 

な人生になっていたという、笑い話のようなお話なんです。

 

そーんな笑い話にお付き合いいただけるとうれしいです!

 

これから発見することがたくさんあるってすてきだと思わない?
もし、何もかも知っていることばかりだったら、半分もおもしろくないわ。
そうしたら、ちっとも想像の余地がないんですものねえ。

 

ビジネスプランの脚本家 えむこ(福山道子)

 

The following two tabs change content below.

えむこ(福山道子)

担当:文ヴェニオ物語
ビジネスプランの脚本家
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

RSS

<a href=”http://venio.jp/feed”><img src=”http://venio.jp/wp-content/uploads/2017/11/rss_001_e-trans.png” border=”0″ /></a>

ヴェニオ物語

ページ上部へ戻る