ブログ

ロゴを事業開始時に作るべき3つの理由(奥様方に妄想で怒られたから真面目に)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは。

ヴェニオ物語@共感デザインの代表 えむこです。
デザイン会社の代表ですが、デザインはできません(`・ω・´)キリッ

 

 

 

 

 

じゃ・・そゆことで
って奥様!
あの方失礼じゃございませんこと?
ご自分でさも「見てください、役立つ記事ですよ」風味に発信しておいて
「じゃ・・そゆことで」ってふざけすぎじゃありません?
わたくし、こういう「私ノリでおもしろおかしくやりたいんです」っていうのが好きじゃありませんことよ!

いますわよね~そういう方。
わたくしたちの時間をなんだとおもっているのかしら。
ふざけりゃウケると思っているんじゃないかしら?心が貧しいのかしらね。
え?なに?えむこっておっしゃるの?なんなの?本名も言わずに。
ビジネスプランの脚本家?どういうこと?わかりにくいったらないわ。

ヴェニオ物語っていうのもなんなのかしらね?
会社名をこんな名前にしているの?
え?はいからさんが通るの紅緒さん?
あら・・・そうなの・・・ちょっと昔好きだったけれど・・・
だからなんだっていうのかしら。この方ちっとも紅緒さんじゃないわですわよね~。
紅緒さんを名乗ってほしくないですわ。いやですわ~本当に。

あまりこのようなわたくしたちと違う方々のことを気にすることもないんじゃありませんこと?
可哀相な方なのよ。でもわたくしたちに救って差し上げる手立てはないわ。所詮住む世界が違うんですもの。そんな方のために目くじら立てていないで、もう一杯ワインはいかが?

 

本当にすみません。今日はまじめにやります。(妄想がリアルで怖すぎたから素直に謝ってみた)

 

さて、デザインはできないけど、
ヴェニオ物語合同会社の代表社員 福山道子(ビジネスネーム えむこ)によるロゴのお話です。

 

意外と、名刺は作るけど、ロゴを作られていない方は多いです。
意外と、ブランディングを気にされているのに、ロゴを作られていない方は多いです。

 

なぜなんだ――――!!! (´;ω;`)ウッ…

 

名刺は作らないと営業ができないけど、ロゴはなくても営業ができる
ブランディングは意識しないと集客できないけど、ロゴはなくても集客できる

 

ロゴはぜいたく品

いつかは作る(かも)しれないけど、今はいい

 

ってことなのか―――!!! (´;ω;`)ウッ…

 

そんな考え方をしている方に向けて、

ロゴを事業開始時に作るべき3つの理由

をお伝えしたいと思います。

 

 

その1 ロゴは育てるもの

よく私は「ブログは育てるもの」という言い方をしますが、

まさしくロゴも「育てるもの」

 

しかも大事に大事に「箱入り娘」のように、外に出さずにしまっておくものではなく、

 

生まれたらすぐ、大勢の人の前に、何度も何度も送り出して

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい by丸大食品

タイプのものなんです!!!( ̄^ ̄)

 

なので、「まだいいや」とか言ってないで

ビジネス始めたなら、一番最初に作って、

 

これが私のビジネスを現したカタチです( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

 

と高らかに(なぜか笑いながら)宣言してほしいもの!

何度も何度も、できるだけ長く多く出すことにより、人の記憶に植え付けることができます。

 

その2.人の記憶に残るから見つけてもらえる

人は文字よりも「マーク」の方が記憶に残ります。
社名は覚えられないけど、色、形というのは、脳ミソが勝手に覚えているということは多いです。

 

これは「無意識レベル」で起こっていることで、

例えば「イケアのロゴを書いてください」と聞かれても書けなくても
「イケアのロゴはどれでしょう?」と聞かれれば、迷うことなく選ぶことができる。

「見ればわかる」「見つけてもらえる」これがロゴの特徴です。

 

その3.目立つから見つけてもらえる

ロゴがあると、圧倒的に目立ちます。

 

これはとあるコンテストの協賛企業のバナー掲載です。

一番目立っているのが、弊社で作ったロゴです。→→→制作工程はこちら

 

これは塾のロゴですが、
サロン経営者の方も、士業の方も、

「コンセプト」や「内容」で競合との差別化を図ることは皆さん試みていると思うのですが、

たくさんある中から「一目」で選んでもらう必要がある場合(内容を確認する前)

 

こうやってロゴで目立つことで・・・

 

一歩(も二歩も三歩も)リード!!!することが可能です。

 

 

できるだけ早く
できるだけたくさん
できるだけいろんな場面で
できるだけ効果的に

ロゴを使用していくことで、勝手に彼らが育っていき、
ブランディングに「いい仕事」をしてくれることになります!

 

 

そして、副産物的な作用として・・・

 

ロゴを愛することで、ご自分の事業を大事にすることができる。

 

そんな効果もあります。

 

ロゴを後回しにするのはもったいない。今すぐ作ってほしい!

そんなお話でした。

 

奥様方に怒られないように真面目にお役立ち記事を書いたつもりだけど、

ただの宣伝じゃないの。

って結局怒られそうな気がする・・・

 

ヴェニオ物語のロゴ制作は3万円です

お客さまの思いをこめたラフ案を4から5案提出する中から、まずはイメージを共有し、
そこから共感デザインロゴを作り上げていきます。


自社のロゴを愛しすぎちゃっているヴェニオ物語のロゴの活用方法動画。

毎週、木曜日、日曜日になんでも相談室をやっています。

お知らせを逃したくない方はライン@登録お願いします~
ブログの更新情報などもお知らせしています。

友だち追加

The following two tabs change content below.

えむこ(福山道子)

担当:文ヴェニオ物語
ビジネスプランの脚本家
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

RSS

<a href=”http://venio.jp/feed”><img src=”http://venio.jp/wp-content/uploads/2017/11/rss_001_e-trans.png” border=”0″ /></a>

ヴェニオ物語

ページ上部へ戻る