ブログ

ビジネスプランの脚本家っていう肩書き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは!
ビジネスプランの脚本家 えむこでございます。

私の初代肩書き「笑う女社長」と同じく、この肩書きも気に入っております。

深く深~く浸透していけばいいな、と思っているので、
みなさま、覚えてくださるとうれしいです( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!
↑とりあえず笑う・・・

この肩書きが示す通り、
私は「ビジネスプラン」を書くことを生業(なりわい)としています。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e3%81%8f%e3%82%93%e3%80%8c%e3%81%a9%e3%82%84%e3%80%8d

他人様のビジネスプランを書くお手伝いをする ↓こんなの

自分の事業のビジネスプランを立てて実行する ↓こんなの

豪華2本立て!!!

・・・自分で豪華っていうと、なんかイマイチですな。
なんていうか場末の映画館みたいで・・・

他からの評価がそうなっていくようにとにかく実行実行~

 

 

さてさて、今日は「なぜ私がこんな肩書きを名乗ることになったのか」

ぶっちゃけ、わたくし・・・

「これがやりたいぜっ」
「こんな夢があるぜっ」

という具体的な【何か】があったわけではない・・・

っていう身の上でした。

女性が起業をする目的の第一位は

「好きなことを自分らしく極めたい」       ~日経ウーマンオンラインより~

というものらしいですけど、

・・・いやいや・・・

好きなことを自分らしく極めたい

だけじゃーないだろう!

(あわよくば)好きなことで、金を稼ぎたい

だろう!

正直に言っちゃおうぜ!そこはよ――――!!!

・・・などと毒づきたくなるのは・・・

「デザイナー」ですよ~とか、「セラピスト」ですよ~とか、「ネイリスト」ですよ~とか、「インテリアコーディネーター」ですよ~とか・・・

・・・うん・・・それがないというコンプレックスからかもしれん・・・

 

なんだかもう、

「事業プランを立てるのが得意ですっどやっ」

って言ったってさ・・・

 

人のフンドシで相撲とってるようなもん!!! (°Д°;≡°Д°;)

自分にやりたいこと、できることがないがゆえに、
誰かが「ね~一緒に事業やろうよ~」って言ってくれるのを待っているという消極的な立場じゃん。

って思って、なんか落ち込んだりしまして。

もちろん今一緒にやっているマジーのような人が見つかって
「でっこま」「ひっこま」がピタッと一致すればいいけれども、

そうじゃなかったら、私何すりゃいいの?

「種」があるから「水」やって「肥料」やって「花」咲かせることができるわけで、
地面に水だけやってたってなんにも花が咲かない。

人が「ここに種植えたからね」って教えてくれなきゃ
あっちこっちにすごい巨大なホースで水撒かなきゃいけないもん。

私も「種」見つけなきゃ!!! Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!
 
 

しかしです。ある日、気がつきました。

ワタクシ、この「ビジネスプランを書く」ということが、三度の飯より好きだってことに。ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!
もうこいつは「病気か」っていうくらい好き。

いつも飢えているわけです。

「なんかビジネスプランを立てる必要があるような、お題が見つからないもんか」と。

それがまさに・・・

好きなことを自分らしく極めたい

そして

(あわよくば)好きなことで、金を稼ぎたい

 

・・・
・・・

「種」持ってる――――!!!
みんなが知っているような職業じゃないだけで――――!!!

心配なのはこれを必要とされるかどうか?がわかんないだけで――――!!!

わかんないけれども、
私と同じように

好きなことを自分らしく極めたい

そして

(あわよくば)好きなことで、金を稼ぎたい

という方に向けて、

ビジネスプランを私にお任せ下されば、あなたの事業は加速します!
私はビジネスプランの脚本家です!

と大声で、しかも世界の中心で、そのことを叫んで、
腹を括って「肩書き」としてしまいましょう!

三度の飯より好きなことが、「飯のタネ」になるなんて、

もうこれは、自給自足以外の何物でもなく、

もう、人のフンドシで相撲を取っている、とは言わせない Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

(※注 誰にも言われたことはございません)

 

てなことに、やっと気がついたわけです。

 

講演やセミナー、今までは「頼まれればやる」というスタンスできましたけれども、

これからは「ビジネスプランの脚本家」として皆様にご挨拶させていただきたいと思っております。

 

どんなことをやるかは、おいおい、このブログでお話させていただければと思っています。

ビジネスプランの脚本家

こんな職業、聞いたことないでしょうが、
必要な方にはなかなかの「すぐれもの」ではないかと!( ´艸`)←とりあえず笑っとく

どうぞよろしくお願いいたします~(*^▽^*)

The following two tabs change content below.

えむこ(福山道子)

担当:文ヴェニオ物語
ビジネスプランの脚本家
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る